サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

骨を折られ火をつけられドラッグを食べさせられた犬 奇跡の回復を見せる

Pocket

骨を折られ火をつけられドラッグを食べさせられた犬 奇跡の回復を見せる

英国王立動物虐待防止協会 (RSPCA) はイギリスの非営利団体です。
各地にあるRSPCAセンターに連れてこられるのは、
病気、怪我、迷い込んだ野生動物や、捨てられてしまったペットです。
ケント州マーゲートにあるセンターに、チワワのミックス犬「チャンキー」が
運ばれてきたのは昨年の2月のことでした。こんなひどいケースは見たことがありませんでした。
まだ子犬のチャンキーは、4人のティーンエイジャーに誘拐されて拷問のような虐待を受けました。
その晩、15〜16才の少年達はドラッグの影響下にあったといいます。
少年達は、チャンキーの首と足の骨を折り、顔に火をつけ、数時間に渡って小さな子犬を痛めつけながら、
その姿を面白がって見ていたというのです。

少年達は気が済むと、チャンキーの口の中にドラッグを押し込んでゴミ処理所近くに捨てていきました。
彼らはチャンキーがそのまま死んだものと思っていました。
しかし全身にひどい傷を負いながらも、チャンキーは奇跡的に生きていたのです。
RSPCAの調査員によって発見されたときチャンキーは瀕死状態でした。
すぐさまセンターに運ばれ、獣医師の診察・治療を受けました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook