サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

虐待され続けた雄牛が開放され『牧草のベッド』を見つけた瞬間の行動に涙

Pocket

虐待され続けた雄牛が開放され『牧草のベッド』を見つけた瞬間の行動に涙

牛舎の小さな仕切りの中で生きてきた牛のバンディット。
ほとんど身動きすらとることができず、軟禁状態にさらされていたといっても過言ではありません。
新鮮な草を頬張ったこともないのです。
今回は、そんなバンディットが解放された瞬間をご紹介します。

バンディットの解放に一役買ったのは、「グット・アイデルビッフィル動物保護区」のスタッフでした。

牛のバンディットは、仕切りの中でかなり体力を奪われていたといいます。
そんなバンディットに解放の時がやってきます。

この後、仕切りから出てきた牛のバンディットが驚くべき行動に出ます。
解放された自由を謳歌しようとするその動きに胸が締め付けられる思いです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook