サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

画期的な取り組み! アメリカ・カリフォルニア州にある高校のクロスカントリー部の朝練に保護犬が参加

Pocket

犬と言えば散歩好きのイメージがあります。天気の良い日に青空のもと、思い切り走り回る… そんな犬の嬉しそうな光景は誰しもが思い浮かべることができます。散歩が好きなのは、毎日保護施設の中で過ごしている犬たちだって同じ。そう考えたアメリカ・カリフォルニア州にある高校のクロスカントリー部の部員たちは、狭い屋内で退屈している犬たちに部活の早朝トレーニングに参加してもらうプロジェクトを発足しました。


セント ジョセフ ハイスクールのクロスカントリー部

このプロジェクトを始めたのは、アメリカ・カリフォルニア州にあるセント ジョセフ ハイスクールのクロスカントリー部に所属する学生たちです。毎日満足に散歩に連れて行ってもらっていない保護シェルターの犬に思いを馳せ、不憫に思っていた彼ら。毎日トレーニングで走っているのだし、ならば保護犬たちも一緒に走ってもらおう、というのがきっかけだったそうです。

出典:www.facebook.com

学生たちと一緒に走ったのは、このセント ジョセフ ハイスクールの近くにあるセントバーバラ郡保護シェルターで保護されている10匹ほどの犬たちです。「屋外で風を切って走る」という普通の飼い犬にとっては当たり前の散歩も、保護犬たちにとっては最高の体験。初日となった8月5日は学生ひとりと犬1匹でペアを組み、およそ1.6kmの距離を一緒に走りました。
 
犬たちはとても楽しそうです。とにかく楽しそうで、その様子を見かけた人たちも思わず笑みがこぼれたといいます。もちろん学生たちだって楽しみました。この日は犬も学生も全員が楽しみ、最高の時間を過ごしたのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook