サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

15歳で亡くなった少年、4人の命を救う 息子を失った母は涙をこらえてこう言った…

Pocket

15歳で亡くなった少年、4人の命を救う 息子を失った母は涙をこらえてこう言った…

「息子は、ヒーローになったの…」

そう語るのは、アメリカのテキサス州に住む、ジェイミー・ジョンソンさん。

彼女は、当時15歳だった息子のジェイコブ君を
交通事故で亡くした悲しい過去を抱えています。

最愛の息子の若すぎる死、その悲しみは計り知れません。
しかしその後、ジェイコブ君は違う形で生き続けることになるのです。

臓器移植の先進国であるアメリカ。
年間8千人の臓器提供者がいるそうです。

ジェイコブ君もまた、臓器提供者として登録していた1人。
まだ彼が事故にあう前、彼はこのように語っていたそうです。

「臓器を提供することで、誰かを助けることができるのなら助けたい」

当時のジェイミーさんは、その言葉の本当の意味を知ることはありませんでした…。

その後、家に帰る途中に車に跳ねられてしまい、短い生涯に幕を下ろしたジェイコブ君。

彼の願い通り、肝臓と2つの腎臓、そして心臓は、
4人の患者さんに提供されることに。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook