サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

隣の分娩室からは女性の泣き声が。しかしこの21才がしたのは、滅多に出来ないことだった。

Pocket

隣の分娩室からは女性の泣き声が。しかしこの21才がしたのは、滅多に出来ないことだった。

アメリカ・ジョージア州メイコンに暮らすトミートリーズ・コリンズが娘のタイラー・エリーズを妊娠したとき、彼女はまだ21才でした。

元カレ(子どもの父親)とは既に別れていたため、赤ん坊を1人で育てることになるのは分かっていましたが、命を授かれたことをとても喜びました。

そして、子どものお手本になれるような母親になりたいと考えました。そして、とうとう出産の日を迎えます。

しかし、陣痛の間隔が3分になってもトミートリーズはパソコンの画面から離れようとしませんでした。

オンラインで受けなくてはならない心理学のテストがあったのです。

ペーパー試験同様、オンラインの試験も決まった時間に行われます。単位を落としたくなければ、痛みに耐えながらやるしかありませんでした。

この試験には、トミートリーズの卒業がかかっていました。陣痛の激しい痛みに襲われながら、

恐るべき意志の力で試験を続けるトミートリーズの姿を担当の看護師が撮影しました。

この写真がネット上に投稿されるやいなや、瞬く間に広まりました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook