サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

母親は未熟児として生まれた息子の近くに手袋を置いていった。次の日、看護師たちはひどく感動した。

Pocket

母親は未熟児として生まれた息子の近くに手袋を置いていった。次の日、看護師たちはひどく感動した。

2001年、ヤミール・ジャクソンは第一子となる子供の誕生を待ちわびていました。

妊娠の初期段階は順調に過ごすことができたのですが、6か月を過ぎたあたりから彼女は妊娠高血圧腎症と呼ばれる深刻な症状を抱えることになります。

これは妊娠期に発生する症状で、血圧が非常に高くなってしまうというものです。

母子の健康状態を第一に考え、医師たちはこの段階で出産を敢行することを決断します。

このため、予定日から12週も早い段階でザカリーが誕生したのです。

体重わずか1キロほどの未熟児として生まれたザカリーは、出産から155日もの間集中治療室で過ごすことになります。

ヤミールは毎日ザカリーのそばに寄り添いたいと思いますが、病院では夜間の面会が認められませんでした。

彼女は息子と毎日別れるたびに心が引き裂かれるような思いだったといいます。

何よりも、冷たくて無機質な集中治療室に小さな我が子を残していくのが辛かったそうです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook