サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

千葉県のゴミ屋敷で飼われていた紀州犬が脱走し、警官に射殺される。犬の立場からこの事件はどう映る?

Pocket

2015年9月、千葉県松戸市で紀州犬が人間を噛んだとして、警察官によって射殺される事件が発生しました。この紀州犬はなぜ人を噛むようになってしまったでしょうか? 今回はこの悲しい事件の詳細をご紹介するとともに、犬の立場からこの事件を検証してみたいと思います。


紀州犬が脱走し、人間を噛む

この事件は、2015年9月13日の夜から14日の未明にかけて起きました。千葉県松戸市に住む71歳の夫婦が飼っていた紀州犬が脱走し、大人ふたりを襲ってしまったのです。駆けつけた警察官3人は、緊急事態に迫られて13発発砲し紀州犬を射殺したのです。

この事件の詳細はこうです。
 
21時過ぎに10代の男子大学生が右腕を噛まれ、警察に通報します。警察官ら50人と飼い主が辺りを捜索している中、夜中の2時ごろに今度は20代の女性が襲われました。その30分後、紀州犬の飼い主がエサをダシに捕まえようとしたのですが、興奮していた紀州犬は「そのエサをよこせ!」と言わんばかりに、エサを持っていた左手に噛み付きにかかったのです。
 
信じられないことに、飼い主は「慣れた手つき」で犬を殴りつけたところ、殴った右腕を噛みつかれ襲撃されてしまいます。この様子は近所の防犯カメラに映されていました。ちょうどそこに駆け付けた警察官3人は、飼い主に緊急避難だとして拳銃を使い射殺する許可を得ると同時に、犬から離れるように伝えます。飼い主が自力で犬を振り払ったとたん、犬は警察官に向かって来たため13発の銃弾を発砲し、射殺しました。
 
発砲によるケガ人はなかったものの、外れた銃弾が民家や車などを傷付け、2発は見つからなかったという事件でした。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook